TAMAISM

旅の記録とか舞台訪問とか(旧OFFTAMA)

【今井屋旅館】万場集落・創業350年の旅館に泊まってきた (@群馬県多野郡神流町)

山間部の集落に佇む宿

群馬県の南西部に位置する神流町。

大部分を山が占める神流町の中で、比較的平地が多い万場集落(神流川のほとりにある)にただ一軒残る宿が今回の舞台となります。

宿の名前は今井屋旅館といって、HPには創業350年と記載されているほどの歴史がある旅館。というわけで早速泊まってみましょう。

いらっしゃいませ今井屋旅館へようこそ!

f:id:offtama:20210328195956j:plain
今井屋旅館 全景

f:id:offtama:20210328200145j:plain
木造3階建ての構造が目を引く

f:id:offtama:20210328200335j:plain
裏庭から見た眺め。今回泊まったのは左上の最上階に位置する部屋

まずは外観から。

見ての通り、構造としては通りに面した木造3階建てです。個人的にはこの木造3階建てというのが旅館の形式としてかなり好きな部類に入るため、鄙びた宿を探す過程においても比較的重要視しています。今となっては木造3階建ての旅館はめっきり数を減らしてしまっているため、方針としては早めに泊まっておきたいというのが正直なところ。

客室としては2階と3階にあって、今見えている通りに面した客室の他に、廊下を挟んで反対側(神流川側)にも客室があります。このあたりについては追々紹介していきます。

ところで、ここ神流町の隣りにある上野村には秩父事件の舞台にもなった「今井旅館」という旅館があって、名前が紛らわしいです。そちらの方も気になっている鄙びた宿でもあるため、また機会を見つけて訪れたいところ。

f:id:offtama:20210328200500j:plain
玄関は建物の左側にある

f:id:offtama:20210328200108j:plain
玄関内側

f:id:offtama:20210328200111j:plain
玄関入って真正面が2階への階段となっている。階段の左下は厨房。

f:id:offtama:20210328200115j:plain
玄関右側がロビーになっている。右側にあるのはお酒等が入っている業務用の冷蔵庫。

f:id:offtama:20210328200141j:plain
玄関は広いです

f:id:offtama:20210328200135j:plain

1階はこんな感じで、ロビーが大部分を占めています。

ロビーの先には食事会場があって、今回は朝食をここで取る形になりました。食事会場はかなり広かったので疑問に思っていたのですが、今井屋旅館は宿泊だけでなく料理の提供も行っているようで、私が夕食を取るタイミングで近所?の家族連れの方がここで食事をされていました。

あとは…なんか1階部分の造りが新しいと思いませんか?

これは2019年の年末に老人が運転する車が突っ込んだとのことで、その後修復されたからだそうです。外のごつい車止めもその際に設置したもので、傍から見たら災難としか言いようがない。

f:id:offtama:20210328200131j:plain
なんと電話室がそのまま残っています

f:id:offtama:20210328200126j:plain

f:id:offtama:20210328200122j:plain
2号電話機(で合ってる?)
で、2階に進む前にとんでもないものを見つけてしまった。

階段の脇に「電話 六番」と書かれたこじんまりとした部屋があって、一体なんなのかと思っていたら電話室の跡でした。しかも中の電話機もそのまま残っていて、当時の面影を垣間見ることができます。

自分が知ってる電話機は古くても黒電話くらいで、それより古い電話は現役では見たことがありません。昔は交換手が手作業で回線を接続してたりしたらしいので、それからすると今のスマホは随分進化したものだと実感できますね。というかこれはめちゃくちゃ貴重なものなのでは…。

今井屋旅館でのひととき

散策は後回しにして、まずは部屋に案内していただきました。

f:id:offtama:20210328200003j:plain
今回泊まった3階の15畳の部屋

f:id:offtama:20210328200007j:plain
これを一人で使えるという幸せ感

f:id:offtama:20210328200206j:plain
座布団置くスペースの採光がなんか良さみを感じる

f:id:offtama:20210328200158j:plain
泊まった部屋からの眺め(東側)

f:id:offtama:20210328200202j:plain
泊まった部屋からの眺め(南側)

今回泊まった部屋は玄関から見ると最奥に位置する3階の客室で、通りとは反対側に面しています。広さは15畳もあって一人で使うにはなんか罪悪感を覚えるほどでした。たぶん今井屋旅館で一番広い部屋なんじゃないかと思います。

この部屋は玄関等がある棟とは別棟にあるようで(上の方に示した裏庭から見た写真だとわかりやすい)、すぐ下が宿の方の生活スペースになっている様子。

案内していただいた時点ですでにお布団が敷かれており、暖房としては炬燵があるので特に憂うことはありませんでした。

さて、部屋に荷物を置いて浴衣に着替えたところで館内を散策してみます。

f:id:offtama:20210328200052j:plain

f:id:offtama:20210328200250j:plain
2階から1階玄関方向を眺める

f:id:offtama:20210328200047j:plain
右側が2階の客室で、通りに面している

f:id:offtama:20210328200041j:plain
窓際にはちょっとした植物や人形が

f:id:offtama:20210328200255j:plain
黒光りする廊下

f:id:offtama:20210328200057j:plain
展示されている化石?

まずは玄関に戻り、そこから改めて2階へ。

幅広の廊下を上っていった先にはちょっとしたスペースがあり、2階への客室へと続いています。その他にも旅館の方の居住スペースに繋がっているらしく、階段を上がって正面の扉がそれっぽい感じでした。

階段回りの木の板はどれも濃く黒光りしており、年季が入ってるのが如実に伝わってきますね。というか宿泊客だけでなく旅館の方もここを毎日上り下りされてるわけで、そう考えるとこの尋常でない濃さも納得といったところ。

f:id:offtama:20210328200103j:plain
2階から3階への階段は向かって左方向にある

f:id:offtama:20210328200032j:plain
この階段は直線でなく、カーブのところはちゃんと曲がっています

f:id:offtama:20210328200038j:plain
3階へ

1階から2階への階段は短い水平距離で1層分の高低差を稼いでいるためにそこそこ斜度が急だった一方で、2階から3階への階段は旅館の側面に沿って走っており、水平距離が長いので斜度は緩めでした。

よく考えてみたら階段が設けられている場所によって斜度が変わるのは当然ですが、1階→2階はまだしも2階→3階への階段は3階建てじゃないと存在しないわけで、よくよく見ると貴重なんですよね。一つの旅館の中に階段が複数あるのが一般的には珍しいというか。

f:id:offtama:20210328200149j:plain

f:id:offtama:20210328200017j:plain

そしてこれですよ。

3階の廊下の両側にずらっと並んでいる客室。廊下が狭い分だけあって「両側から迫ってくる感」が強く、障子戸といっても圧迫感はかなりのものでした。

ちなみに客室数こそ多いものの、現役で使われている部屋としてはあまり多くないようです。特に2階についてはほとんどが物置みたいな感じになっていて、そもそも戸が開かなかったりするところも少なくありません。

宿場として往来の激しかった江戸時代と比較すると今では大人数が泊まることもないでしょうし、これも時代の流れですかね…。

f:id:offtama:20210328200021j:plain
部屋番号がかっこよすぎる件について。號とか久しぶりに見たわ

f:id:offtama:20210328200027j:plain
通りに面した客室の一例

f:id:offtama:20210328200214j:plain
反対側。部屋と部屋とは襖で仕切られています

f:id:offtama:20210328200210j:plain
通りに面した客室からの眺め。旅館の前の通りが一望できます

今回泊まった部屋ではありませんが、通りに面した客室を拝見したところこんな様子でした。

廊下を挟んで両側に客室が配置されている都合上、廊下と直角方向にはそれほどスペースをとれません(幅は1.5畳分)。なので、上の写真のように廊下と平行する方向に長くスペースを確保することで部屋の広さを得ているようです。

f:id:offtama:20210328200013j:plain
3階の洗面台とトイレ

f:id:offtama:20210328200154j:plain
トイレの隣の階段

で、自分が泊まった部屋にはここから更に進んでいった先にある階段を上がったところにあります。特に部屋番号も割り当てられていなかったため、旅館の方の居住部屋を客室に変更したか、そもそもこの棟自体を後から建てたのだろうと推測してみたり。

こういう風に館内を散策してみると、普通に泊まるだけでは絶対にしない視点であれこれ考えられるので結構好きですね。まあ、自分みたいに旅館の構造とか部屋の配置とかについて思考しながら泊まっている人間はそう多くないと思うけど。

その後は部屋に戻って何をするわけでもなくまったりし、布団でなく畳に突っ伏して昼寝してました。

まあ良いじゃないか。せっかくこんな居心地のいい宿に来ているのだから、くつろがないと失礼というもの。旅館は身体も心も休まるためにあるものだし、ある意味で自分は正しい行動をしている。そんな気がする。

そして思い出したようにのそのそと這い出し、お風呂へ。

f:id:offtama:20210328200218j:plain
今回泊まった部屋に続く階段の真正面に、お風呂への近道となる別の階段がありました

f:id:offtama:20210328200222j:plain
階段の意匠

f:id:offtama:20210328200226j:plain
お風呂は1階にあります

f:id:offtama:20210328200231j:plain
脱衣所

f:id:offtama:20210328200236j:plain
お風呂はかなり広いです。洗い場の数も6つほどあり、浴槽はご覧の通り。思いっきり足を伸ばして浸かることができます。

お風呂(いつでも入れるとのこと)に沈みつつ、ちょっと今日一日の行程を振り返ってみる。

朝から川越を散策し、秩父へ移動したと思ったらそのまま自走で三峯神社を往復。そして気がついたら埼玉から群馬へ移動していて、そしてこんなにも素敵な旅館でひとときを過ごしている。しかも宿泊客は自分一人という状況。

なんて"濃い"一日なんだ。今日は。

自分は運転が全く苦にならないタイプなので、そう考えると関東だろうが四国だろうが近所なのかもしれません。特に関東で輪行しようとすると人が多すぎて面倒以外の何物でもないし、車載でサクッと来ることができる事実を考えればこれを使わない手はない。これからも「近所」に出没する機会は多いと思います。

f:id:offtama:20210328200241j:plain
夕食は3階の部屋でいただきました

f:id:offtama:20210328200245j:plain
夕食の献立

お風呂から帰った後は夕食の時間。

1階の食事会場でいただく形かと思いきや、3階の別の客室でした。1階の厨房からここまで階段を上って料理を運んでくるのはかなり大変じゃないかと思うんですが、意外。

食事の内容は天ぷらや刺し身に加えて実に家庭的なものが並び、濃すぎない味付けが自分好みでなお良しでした。日本酒も注文したりして、炬燵に入りながら静かな食事を楽しむことができました。

あ、ここでちょっと書いておくと、モンベル会員だと(当然、限度はあるだろうけど)食事時の飲み物代が無料になるようです。翌朝の会計のときにちらっと掲示を見かけたので聞いてみたところ、そういう話のようでした。もしモンベル会員なら話しかけてみるのがいいかと思います。

f:id:offtama:20210328200259j:plain

f:id:offtama:20210328200304j:plain
万馬集落の夜

f:id:offtama:20210328200308j:plain

食事を終えたところで、寝る前にささっと半纏を羽織って夜の町並みに繰り出してみる。

万馬集落の夜はこれ以上ないくらい静かで、今井屋旅館の回りに人の気配が感じられないくらい。さっきも書きましたが、昔賑わっていたであろう町並みと、今の静まり返った町並み。その場にいるとこの3次元的な時間の流れが直接感じられて、旅館で過ごす時間をよりよいものにしてくれます。

「鄙びた」というのはかつては鄙びてない時期があったということに他ならず、当時の面影を感じつつ思いを馳せていく。ただ食べて寝るだけ以上の存在が自分にとっての旅館そのものだと改めて感じました。

翌朝

翌朝は二度寝を決めたい衝動を抑えつつ起床。

今日は移動がそこそこ大変だったため、布団から一発で抜け出ることができました。

f:id:offtama:20210328200312j:plain

f:id:offtama:20210328200331j:plain

f:id:offtama:20210328200327j:plain

f:id:offtama:20210328200319j:plain
1階の食事会場

f:id:offtama:20210328200323j:plain
朝食の献立。右下のはとろろです。

そのままの勢いで朝食をいただき、出発の準備をして1階に下りていく。

3階建ての旅館の3階の客室に泊まって、翌朝に旅館を後にする。つまりは階下に下っていくにつれて昨日見た風景が視界を流れていくというわけで、名残惜しさが何倍にもなってくる。建物が広いということは移動距離、ひいては自分が歩いていく中で目にする景色が多いということでもある。

その全てが愛おしいし、旅館を訪れるとき、そして離れるときの心情の変化もプラスされるのが好きだ。旅館に泊まる以上は出会いと別れがある。鄙びた宿に泊まるのは実に面白い。

こんな感じで、今井屋旅館での一夜は終わりを告げました。

おしまい。